小鬼百合(こおにゆり)

0
    小鬼百合花びらが反り返り、
    見事なイナバウアー(?)を
    見せてくれているのは
    小鬼百合

    鬼百合(おにゆり)の変種で、
    それよりすべて小振りの為、
    この名が、、、。

    花形の区分からすると、
    鬼百合や車百合(くるまゆり)と
    同じカノコユリ系となります。

    それにしてもこの季節、お花の撮影も
    蚊にたかられたり、光が強すぎたりと
    ちょっとした苦労が。。。

    お花のいい表情をうまくカメラに
    キャッチする難しさを感じています、、、。






    honpouji * 茶花・山野草 * 10:48 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    岩菲(がんぴ)

    0
      がんぴ
      このナデシコ科の多年草の
      名の由来は不明とか、、、。

      開花したお花は、元気で
      愛らしい風情なのに、
      植物の名前はなにか
      こむずかしい感じがする
      ように思います。。。

      同名の雁皮(がんぴ)は
      和紙の材料になり
      ジンチョウゲ科の落葉低木、まったくの別種です。


      遠目から見ると良く似た植物に
      仙翁があり、やはりナデシコ科。
      こちらはれっきとした名前の由来があり
      本種の名の由来が知れないのは
      すこし残念な気がします、、、。
      honpouji * 茶花・山野草 * 17:54 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

      半夏生(はんげしょう)

      0
        はんげしょう半夏生はまた
        半化粧とも云います。
        もうひとつの別名、
        カタシログサよりも
        半化粧と書くほうが
        物語になりそうです。。。

        いずれにしろ夏至のころ
        から11日目にあたる7月の
        はじめ頃開花して、この植物の
        特徴である葉色の変化を楽しみます。

        一草、またひと草とゆっくり
        順を追って白くお化粧してゆきます。。。

        茎の上部の葉だけ白くなってそのまま
        終わるのでなく、また再びもとの緑色に
        返るところなど、やはりストーリーを
        感じてしまいます、、、。


        honpouji * 茶花・山野草 * 17:03 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        鉄砲百合(てっぽうゆり)

        0
          てっぽうゆり毎日湿度が高く、
          ぐったりして
          している身から見ると、
          まっすぐしゃっきりと咲いている鉄砲百合には
          梅雨は関係ないようです。。。


          日本の百合の種類の多いこと、
          また風情のあることに
          やっと最近開眼しました。

          百合は花形から4つの
          種類に分類されるようです。
          その1種類の代表がこの
          テッポウユリ型。

          英名ではイースターリリーと
          呼ばれる鉄砲百合をはじめ、
          百合は世界中で親しまれている
          お花と言えそうです。。。


          honpouji * 茶花・山野草 * 17:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          山紫陽花(やまあじさい) 

          0
            山アジサイここ十日ほどは、
            お庭に出るたび
            山紫陽花の色が
            紅(くれない)を増す様子に
            驚かされています。。。

            最初の頃、装飾花のがく片はなんと白でした。

            山紫陽花と、同じアジサイ属のベニガクとの
            区別も難しいのですが、
            装飾花のがく片のふちが鋸葉なのが、ベニガク。
            また葉裏に縮毛が見られるのは山紫陽花、と
            いったところでしょうか、、、。

            梅雨時の庭を色の変化で楽しませてくれる
            紫陽花は、大振りすぎるため、お茶席向き
            でなく、額紫陽花が使われることが多い
            ようです、、、。



            honpouji * 茶花・山野草 * 18:03 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            サツキツツジ

            0
              サツキ今日は久しぶりの五月晴れ。
              この月、雨が多いのは
              仕方ないのかも
              しれません。。。
              陰暦五月の異名は、
              皐月の他に
              五月雨月(さみだれづき)、
              雨五月(あめさつき)、
              月見ぬ月(つきみぬづき)など
              雨に関するものが多いようです。

              お花の写真もタイミングを逃せません、、、。

              画像はサツキツツジの寿光冠という
              種類です。
              honpouji * 茶花・山野草 * 18:13 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              姫小百合(ひめさゆり)

              0
                別名オトメユリとも呼ばれる、姫小百合
                日本はユリ王国と云われるほど、ユリの種類が豊富です。

                花型による区分では
                テッポウユリ型になる
                姫小百合は、
                おなじ花型の笹百合とよく似てはいますが、やはり
                一番の違いは葉の形。。。

                笹百合の葉は名前のとうり、笹の葉にそっくりです。

                香りも淡く、お花も小ぶりの姫小百合は、
                お茶席向きのユリと言えるのではないでしょうか、、、。
                honpouji * 茶花・山野草 * 21:48 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                椿 天人松島

                0
                  今日は時々小雨も混じる、
                  曇天といったお天気。
                  お庭に出てもどうかしらと
                  思いながら出てみると
                  嬉しい出会い。。。

                  一ヶ月前なら盛んだった
                  天人松島
                  (てんにんまつしま)が
                  一輪、ひっそりと咲いておりました。

                  3〜4月が開花時期の江戸時代からの古典種。

                  うつむいていたのを上のほうの
                  小枝で支えて思わず、「はい、わらって」
                  と呼びかけながら撮影。

                  こんなに美人なんですもの、
                  うつむかないでね!

                  honpouji * 茶花・山野草 * 17:29 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  都忘れ(みやこわすれ)

                  0
                    都忘れ承久の乱で敗れた帝が、
                    この花に失意を慰められ、
                    都を忘れたという、都忘れ

                    大きなことの後、
                    小さな花の持つ宇宙に
                    慰められる体験はわかるような気がします。

                    木陰に咲くこの小さな花の宇宙は、
                    ふるさとの素朴さを体現して、
                    失意のなか、望郷の念に駆られる帝の心を
                    包み込むほどに大きかったのではないでしょうか。。。

                    もともとは深山嫁菜(みやまよめな)の
                    園芸種、とのこと。

                    honpouji * 茶花・山野草 * 21:32 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

                    海老根(えびね)

                    0
                      海老根(えびね)
                      なんと
                      ラン科の植物は世界に
                      800属3万5000種も。。。

                      海老根(えびね)もその仲間です。

                      地中にある古い偽球茎の
                      連なった様子が、えびの尾に似ている
                      ことがネーミングの由来。

                      以前ご紹介した植物の中では、
                      柿蘭(かきらん)や鷺草(さぎそう)も同じラン科です。

                      海老根はラン科エビネ属、対して
                      鷺草はラン科ミズトンボ属とユニークなお花の形に
                      負けない属名になっています、、、。






                      honpouji * 茶花・山野草 * 13:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ