<< 白梅(はくばい) | main | 貝母(ばいも) >>

柳に水仙

0
    今日は初午(はつうま)。
    全国に約四万ともいわれる稲荷神社や
    稲荷の祠で祭礼がとり行われます。
    そして初午は春の季語。気温も上がり
    久しぶりにコートを置いて外出できました。

    昨日のお茶のお教室は、床の花も、お菓子も
    今日の日に合わせておりました。
    主菓子の銘は「下萌え」。干菓子は初午に
    因んで薄菓子には鐙(あぶみ)の焼き印。
    手綱を模した飴細工。

    床の花は春の光に向かう柳に水仙。

    そして掛け物には、もう寒さは限界、勘弁、
    との思いから「堪忍」の二文字が。。。
    お茶席のユーモアに、ほんの一瞬でも
    春の到来が早まりますよう願います。。。







    honpouji * 茶花diaiy * 22:28 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    杉山様。
    コメントを有難うございます!!
    また、こちらのブログをサボっておりましてコメントを
    頂いたことに気がつくのが遅くて、本当にごめんなさい。

    お茶にご興味がおありになるとは知りませんでした。
    私こと白椿も、普段は結構忙しく、お茶のお教室の日に
    なって、やっと日本人を取り戻しているような(笑)
    日常を実は送っております。
    茶道に親しむ一番の恩恵は、感受性が少しなりとも
    感度がよくなるということではないかと思っております。

    今度の春のお彼岸=3月19日の午前10時から午後2時までは
    お檀家様に限り、無料(!)にてお抹茶のご接待を座敷で
    致します。今日のお茶のお稽古も実はこの日のためのお稽古
    だったりします。是非是非、お茶を楽しんでいらして下さいませ。もちろんお子さんもお席にお連れになって結構です。
    立礼席といって椅子で気楽に楽しんで頂くつもりでおります。少しでもお互いに、与えられた恵まれた風土を、心から
    楽しんでいくようになれるといいですね・・・。

    Comment by 白椿 @ 2006/02/23 8:44 PM
    いつもお世話になっております。杉山です。
    昨日はとても暖かかったので、お墓参りも気持ちがよくて、
    穏やかな気分になりました。
    「お茶」にとても興味があるのですが、今は小さい子供がいるので、なかなか難しく・・・・
    hpに載せていらした「お茶に親しむ」、早速読んでみたいと
    思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    Comment by happyseeds @ 2006/02/12 7:26 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ