<< 八重(やえ)の面高(おもだか) | main | 秋の活けこみ >>

秋明菊(しゅうめいぎく)

0
    菊月のお茶のお稽古月といえば「秋の月」、
    しかしまたこのころは、
    野分けの多い季節でも
    あり、雨もよく降ります。

    昨日、お茶のお教室の床は、
    せめてお茶席では
    秋の月を楽しみましょう
    という趣向。。。

    宗全籠(そうぜんかご)には
    尾花(すすきの異称)
    山トリカブト
    鶏頭(けいとう)
    ホトトギス・ワレモコウ

    そしてに見立ての白の秋明菊

    主菓子(おもがし)は三重は桑名の「長栄堂」謹製、
    <宮の渡し>という銘菓。
    その昔、桑名から熱田神宮までは
    船で渡ったことに因んだそうな。

    掛け物は
    「清風 明月」

    渡し舟も秋の夜は、月の明かりに照らされて、
    しずかに櫂を漕いだことでしょう、、、。



    honpouji * 茶花diaiy * 23:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ