<< 秋の活けこみ | main | お正月の玄関の花 >>

炉開きの床の花 2006

0
    炉開きの床の花樋(とい)から流れ落ちる
    伏流水のいしぶきと、
    手前の嵯峨菊のとの
    リエゾンを楽しんだり、
    梅擬(うめもどき)や
    冬青(そよご)の
    赤い実に喜んだりしている
    うちに、はや霜月となりました。。。

    立冬を迎えるこの時季はまた開炉(かいろ)の頃でもあります、、、。


    昨日、お茶のお教室は炉開きと致しました。

    床の花は定番となった西王母(せいおうぼ)と
    申し訳程度に色づいた日向水木(ひゅうがみずき)。

    今年は暖かくて過ごしやすくはありますが
    櫨(はぜ)などの紅葉の
    盛りはまだもう少し先のようです、、、。



    honpouji * 茶花diaiy * 14:44 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    また このブログ再開 してください
    私 茶道部の部長で このブログを見て 茶会のときのおはなを決めてたんです
    おねがいします。 また再開してくださいっ
    Comment by お願い @ 2007/08/03 7:40 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ