<< スズメバチの巣 | main | 座敷のお花 >>

炉開きの床の花

0
    炉開きの花「炉開き、おめでとうございます。」
    ご挨拶はまずおめでとうから。。。
    炉開きの日はお茶人のお正月と
    云われます。

    練香の香もはなやかに、
    今日は、お茶のお教室の炉開きの日。

    床の花は、西王母と花水木の照り葉です。
    honpouji * お茶のお教室 * 16:20 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    ちびのすけ様。いつもコメントを有難うございます!
    今の時期、どこでも炉開きですね。。。
    西王母を辞書などで引くと中国の仙女で、
    前漢の末頃には大変な西王母信仰のブームが
    あったことや、道教に取り込まれたことなど
    色々出てきます。が、そのうち
    不老不死の女神様として崇められるようになり、
    不老不死の思想のシンボリック的な果物としての
    桃との関連性が説かれるれるようになるようです。
    西王母と椿にネーミングした人は、この早咲きの
    椿の蕾が膨らんだ様子が、淡いピンク色で、まるで
    桃を思わせる様と関連させて、西王母と名づけたの
    ではないかと思っています。
    椿も素敵なネーミングのものが多いです。

    お風邪、どうぞお大事になさってくださいませ。
    Comment by 白椿 @ 2005/11/13 8:42 PM
    「炉開き」
    おめでとうございます。
    うちも数日前「炉開き」でした。
    それにしても、難しい名前がでてきますね。
    西王母
    勉強になります。
    じかに見たことがありません。

    一昨日から変だと思ったら、
    やっぱり風邪でした。
    寒くなりましたから、
    お気をつけ下さい。

    Comment by ちびのすけ @ 2005/11/13 1:35 AM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ