お正月の玄関の花

0
    大王松(だいおうしょう)去年のお正月の花・・・
     優しい感じの女松(メマツ)

    今年の正月は・・・
     雄々しい雰囲気の
      大王松(だいおうしょう)

    こうして一対となるよう心憎い
    配慮で活けこみをして下さった
    のはふわりさん。

    大輪のカサブランカの影に
    隠れた白玉椿が、
    松の内を過ぎても
    盛んに咲いてくれそうなのが楽しみ
    です。。。

     
    honpouji * 客迎えの花(玄関) * 21:41 * comments(0) * - * - -

    炉開きの床の花 2006

    0
      炉開きの床の花樋(とい)から流れ落ちる
      伏流水のいしぶきと、
      手前の嵯峨菊のとの
      リエゾンを楽しんだり、
      梅擬(うめもどき)や
      冬青(そよご)の
      赤い実に喜んだりしている
      うちに、はや霜月となりました。。。

      立冬を迎えるこの時季はまた開炉(かいろ)の頃でもあります、、、。


      昨日、お茶のお教室は炉開きと致しました。

      床の花は定番となった西王母(せいおうぼ)と
      申し訳程度に色づいた日向水木(ひゅうがみずき)。

      今年は暖かくて過ごしやすくはありますが
      櫨(はぜ)などの紅葉の
      盛りはまだもう少し先のようです、、、。



      honpouji * 茶花diaiy * 14:44 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

      秋の活けこみ

      0
        2006秋彼岸彼岸の頃、玄関には
        秋の野山が再現されました。
        活けこみはふわりさん。

        すすき、すずばら、
        雪柳、藤袴、
        そして何より
        女郎花(おみなえし)やウイキョウの
        鮮やかさに負けない、緑のイガグリ

        栗ご飯にするといいという方があるかと思えば
        焼き栗を進める方あり。。。

        「食べておいしいのは利平栗よ」との情報に調べてみると、
        天津甘栗と山栗の交配したもので味は大変美味とのこと。

        天高く野山が色づく季節はまた確かに食欲の秋でも
        ありました、、、。




        honpouji * 客迎えの花(玄関) * 21:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        秋明菊(しゅうめいぎく)

        0
          菊月のお茶のお稽古月といえば「秋の月」、
          しかしまたこのころは、
          野分けの多い季節でも
          あり、雨もよく降ります。

          昨日、お茶のお教室の床は、
          せめてお茶席では
          秋の月を楽しみましょう
          という趣向。。。

          宗全籠(そうぜんかご)には
          尾花(すすきの異称)
          山トリカブト
          鶏頭(けいとう)
          ホトトギス・ワレモコウ

          そしてに見立ての白の秋明菊

          主菓子(おもがし)は三重は桑名の「長栄堂」謹製、
          <宮の渡し>という銘菓。
          その昔、桑名から熱田神宮までは
          船で渡ったことに因んだそうな。

          掛け物は
          「清風 明月」

          渡し舟も秋の夜は、月の明かりに照らされて、
          しずかに櫂を漕いだことでしょう、、、。



          honpouji * 茶花diaiy * 23:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          八重(やえ)の面高(おもだか)

          0
            八重の面高(おもだか)秋明菊(しゅうめいぎく)が
            咲き、盛夏には象牙色だった
            七竈(ななかまど)の実が
            びわ色になっています。

            季節は確実に移っている
            のですが、今日の東京は
            日中には30℃となり、
            蒸し暑くなりました。。。

            傍らにオモダカに特徴的な
            矢じり形の葉
            見当たらなければ、
            とてもオモダカとは知れない、
            八重咲きの面高(おもだか)。

            丸い珠のような様子が愛らしい白い花は、
            夏の間を通してずっと元気でした。

            そしてお隣に咲くミソハギと共に
            今日のような残暑の厳しい日のほうが
            さらにご機嫌がいいようです、、、。








            honpouji * 花の臺をめぐって * 13:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
            このページの先頭へ